二俣川駅南口地区第一種市街地再開発事業の事業計画の主な内容

※このイメージパースは計画中のものであり、確定したものではありません

〈平成28年3月事業計画変更認可〉

1.施行地区、施行事業及び施行者の名称

施行地区の名称 二俣川駅南口地区
施行事業の名称 二俣川駅南口地区第一種市街地再開発事業
施行者の名称 二俣川駅南口地区市街地再開発組合

位置図

2.設計の概要

(1)施設建築物の設計概要

施行地区面積 約1.9ha 建築敷地面積 17,414m2
建築面積 13,722m2 建築延面積 98,040m2
(容積対象面積:約69,018m2
建ぺい率 79% 容積率 396%
規模 地上29階 高さ 98.03m
構造 鉄骨鉄筋コンクリート造、鉄骨コンクリート造、鉄骨造
駐車場台数 500台
  • 施設建築物のほぼ中央部分に、駅と南口周辺の市街地とを結ぶ歩行者用通路を配置する。
  • 歩行者用通路に隣接して交通広場を配置し、駅利用者や市民の利便性向上を図る。
  • 交通広場の西側には生活空間である都市型超高層住宅を配置する。
  • 歩行者用通路の東側では商業施設と業務・公益施設・駐車場等との複合的展開を図り、駅利用者や市民の利便性向上と駅前の賑わい創出を図る。
  • 施設計画にあたっては、主要動線のバリアフリー化、防災設備や災害時対応機能の充実により安全性を確保する。
  • 省エネシステム等の採用による地球環境への負荷の低減に努める。
  • 外観では新たな二俣川のシンボルの創出を、外部空間では駅・交通広場と街・既存商店街との連続性を意識した空間づくりを図り、賑わいの創出と良質な景観づくりに努める。

(2)施設建築敷地の設計概要

  • 施設建築敷地の外周道路沿いに2mの壁面後退を行い、道路の歩道部分と一体化した快適で安全な歩行者空間と緑地空間を形成する。
  • 二俣川駅南口周辺の市街地や公園通りと同じレベルの鴨居上飯田線に接道する部分では、その高さに合わせて建物と交通広場を整備する。

(3)公共施設の設計の概要

  種別 名称 幅員 延長 備考
道路 区画街路 市道四季美台 275号線 6.0〜9.0m (全幅員12.0m) 約80m 既設市道の拡幅
区画街路 区画街路1号線 8.0〜9.0m (全幅員12.0m) 約50m 既設市道の拡幅
その他 交通広場 面積約3,100m2 (第4号二俣川駅南口交通広場 面積約4,400m2の一部)

(4)住宅建設の概要

  • 3LDKを中心に2LDK、4LDKも設け、ファミリーを中心
  • 親から独立した若い世帯や周辺地域の戸建住宅から住み替える熟年世帯にも対応
  • 総戸数は421戸

屋根伏図

※この図面は計画中のものであり、確定したものではありません

断面図

※この図面は計画中のものであり、確定したものではありません

3.事業施行期間

  • 事業施行期間(予定)   自 平成24年12月28日 〜 至  平成31年3月
  • 建築工事期間(予定)   着工 平成27年3月 〜 竣工 平成30年3月

4.総事業費

約415億円

Copyright (C)  二俣川駅南口地区市街地再開発組合 All Rights Reserved.